お知らせ

Blog

  • HOME
  • お知らせ一覧
  • 国宝 瑞巌寺本堂ほか6棟 保存修理工事(災害復旧) 公募型指名競争入札参加者募集について

国宝 瑞巌寺本堂ほか6棟 保存修理工事(災害復旧) 公募型指名競争入札参加者募集について

投稿日:21.11.10 その他

令和3年11月10日

各位

宗教法人 瑞巌寺

国宝 瑞巌寺本堂ほか6棟 保存修理工事(災害復旧)

公募型指名競争入札参加者募集要項

1.工事件名    国宝 瑞巌寺本堂ほか6棟 保存修理工事(災害復旧)

2.工事場所    宮城県宮城郡松島町松島字町内91

3.工  期    契約日翌日~令和4年 3月25日(予定)

4.建物概要

本 堂(元方丈) 桁行十三間、梁間右側面九間、左側面八間、一重、入母屋造、本瓦葺、玄関附属、平面積1,033.46㎡、軒面積1,368.28㎡、屋根面積1,916.84㎡

庫裏及び廊下 庫裏 桁行23.6m、梁間13.8m、一重、切妻造、妻入、本瓦葺、北面庇二ヶ所を含む廊下 桁行玄関二間、東廊下六間、中廊下十一間、西廊下二間、各梁間一間、一重、入母屋造、本瓦葺、平面積175.50㎡、軒面積212.84㎡、屋根面積282.88㎡

中門附太鼓塀 中門南方矩曲り延長9.7メートル、本瓦葺、中門北方延長18.8メートル、本瓦葺、平面積35.4㎡軒面積53.5㎡、屋根面積63.1㎡ 御成門附太鼓塀 御成門南方延長6.9メートル、本瓦葺、御成門北方延長7.9メートル、本瓦葺、平面積20.4㎡、軒面積31.1㎡、屋根面積36.9㎡

5.工事概要

本堂:部分修理
工事に必要となる建物外周部に足場を架ける。壁は漆喰壁の上塗りを落とし塗り直す。屋根丸瓦のずれは戻し、避雷針は元に戻し固定させる。

庫裏:部分修理
工事に必要となる建物外周、内部および屋根面に足場を架ける。壁は散切れした漆喰壁を落とし上塗り直しとする。北面巴瓦の破損瓦を既存の瓦で補足する。煙り出し東面の妻飾懸魚ヒレは旧規に倣い新規に作製する。

廊下:部分修理
工事に必要となる建物外周に足場を架ける。本堂の取り合いの際熨斗瓦の積み直しと、北面下り鬼瓦の足元折損の補修を行う。

太鼓塀:部分修理
要所に足場を架け、各門の取り合いの際熨斗瓦と棟瓦の積み直しを行う。

6.入札参加資格

(1)宮城県および松島町から令和2年度建設工事競争入札参加資格を得ている業者で、宮城県内に本店または支店・営業所を有する者、且つ建設業法第27条の23第1項に規定する経営事項審査結果通知書の建築一式の総合評定値が1000点以上であること。
(2)平成25年より令和2年までの間で、国指定の国宝・重要文化財建造物の根本修理(解体工事又は半解体工事)の経験ある者。
(3)文化財建造物の施工管理の経験がある者。
(4)会社更正法(平成14年法律第154号)第17条の規定による更正手続き開始の申し立てをしていない者であること。
(5)民事再生法(平成11年法律第225号)第21条第1項の規定による再生手続開始の申し立てをしていない者であること。

特記 入札参加者等及び下請業者が暴力団関係者(暴力団、暴力団員に協力し、又は関与する等これと関わりを持つ者として、警察から通報があった者若しくは警察が確認した者をいう。)でないこと。

7.提出書類
会社概要、工事経歴、財務諸表、文化財建造物修理工事履歴書『上記6の(2)の範囲』大きさはA4サイズとする。
[令和2年度宮城県および松島町入札参加資格審査書類(工事)と同等の書類]

8.受付日時    令和3年11月25日 午後15時まで
郵送(時間必着)または持参とする。

9.受付場所    瑞巌寺 寺務所

10.指名業者通知 令和3年12月 1日(予定)

11.現場説明会  なし

12.入札日    令和3年12月21日(予定)

13.設計監理   公益財団法人 文化財建造物保存技術協会

担当 瑞巌寺 稲富
(電話 022-354-2023)

ページの先頭へ