さんせいどう

三聖堂

三聖堂

天和2年(1682)、瑞巌寺101世鵬雲東搏禅師によって建立されたお堂で、堂内正面に聖観世音菩薩像、左に達磨大師像、右に菅原道真像を安置したことから三聖堂と称されています。
開創当初は北東面向きに建てられていましたが、参拝者の便を図るため、宝永6年(1709)、104世夢庵如幻禅師が現在の姿に改めました。
扁額「三聖堂」は鵬雲禅師の筆によるものです。