なかにわ

中庭

中庭

平成30年(2018)、瑞巌寺落慶法要に合わせて整備された庭園です。
既存の庭に使用されていた材料を活かし、「松島に息づく文化・瑞巌寺が歩んできた歴史・宗旨の根幹をなす禅」という、瑞巌寺にとって大切な3要素が共鳴するように考慮して作庭されました。
水源は命の源であり、発展の源でもあります。
滝から流れ出た水が松島の豊かな島々を育み、鎌倉~桃山より連綿と受け継がれてきた歴史・文化・自然の中で、僧侶が坐禅をする姿を表しています。