うもれぎしょいん

埋木書院

埋木書院

明治32年(1899)に北上川から出土した欅の埋木で作られた建物です。
仙台市南六軒町に八木久兵衛氏の別亭として建築されましたが、昭和18年(1943)、戦禍を避けるために瑞巌寺に寄贈・移築されています。
貴賓室として使用しているため、一般公開はしておりません。