ほっしんくつ

法身窟

法身窟

受付所の左手にある岩窟で、鎌倉時代半ばに宋より帰国した法身性西禅師と、諸国行脚中の鎌倉幕府執権・北条時頼公が出会ったところと伝わっています。
この出会いの後、時頼公は伽藍を整備し、法身禅師を開山に迎えて臨済宗円福寺を開創しました。
現在まで続く臨済宗寺院としての始まりの地であり、瑞巌寺にとってとても大切な場所です。
洞窟の手前右に「楊柳観音」、左に「沈海観音」の石碑があり、いずれも塩竈出身の画家・小池曲江が両観音像の画を模写して制作されています。