瑞巌寺の沿革

瑞巌寺は正式名称を「松島青龍山瑞巌円福禅寺」といい、現在は臨済宗妙心寺派に属する禅宗寺院です。

9世紀初頭、比叡山延暦寺第3代座主・慈覚大師円仁によって開創された天台宗延福寺がその前身であると伝わっています。後には、平泉を拠点として東北一帯を支配した奥州藤原氏も延福寺を保護しました。

藤原氏の滅亡後は鎌倉幕府が庇護者となりましたが、13世紀中頃、幕府執権・北条時頼公が法身性西禅師を開山として臨済宗建長寺派への改宗を行い、寺名も円福寺と改めています。

これまでは、禅宗への宗派変更時に天台宗延福寺は滅亡し、新しく臨済宗円福寺が創建されたと考えられていました。しかし、平成23年(2011)の発掘調査によって、円福寺の主要建物群は現在の瑞巌寺と同じ位置にあり、延福寺とは別の場所に建立されたことが判明しており、文献の再考からも、禅宗勢力と天台宗勢力は共に存在していたという考え方が現在は主流となっています。

室町時代になると、円福寺は地方の名刹を示す「諸山」の地位に位置づけられ、やがて「関東十刹」に昇進しました。隆盛を極めた円福寺ですが戦国時代を経て次第に衰退し、16世紀末には教線を全国に拡大中だった、現在の宗派である臨済宗妙心寺派に属します。

関ヶ原の戦い後、仙台に治府を定めた伊達政宗公は、仙台城の築城と併せて、領民の精神的拠り所とするため盛んに神社仏閣の造営を行いました。中でも円福寺の復興には特に力を注いでおり、事業開始にあたり自ら縄張りを行なったこと、平安の昔から「浄土の地」とみなされてきた紀州熊野に用材を求めたこと、畿内から名工130名を招き寄せたこと等に、政宗公の意気込みが感じられます。

その理由としては、

  1. 奥州藤原氏や鎌倉幕府が保護した歴史ある古刹を再興することにより、自分こそがこの地域における、精神的・政治的・文化的意識の継承者であると明示すること
  2. 古代以来「奥州の高野」と称される霊場松島に建立された円福寺を復興して善行を積み、自身の菩提寺とすることで浄土への往生を願った

ということが考えられます。また、松島は景観の素晴らしさと月の美しさから、古来より歌枕の地として有名でした。そのため、「松島の月」を堪能するという目的もあったかもしれません。
慶長13年(1608)に鋳造された大鐘には、「山を号して松島と曰い、寺を名づけて瑞岩(巌)と曰う」という一文を見ることができます。これが「瑞巌寺」という呼称の初出で、以後、正式名称を「松島青龍山瑞巌円福禅寺」としました。翌慶長14年(1609)、5年の歳月を経て工事が完了し、元和6年(1620)から元和8年(1622)にかけては本堂の各室を飾る障壁画の制作が行われています。

伊達家の菩提寺として厚い庇護を受けた瑞巌寺は60余の末寺を有し、領内随一の規模、格式を誇りました。
しかし明治維新後、新政府の神仏分離令による廃仏毀釈運動や、伊達家の版籍奉還による寺領の撤廃を受けて、什宝物の散佚、建物の損傷等、荒廃の憂き目を見ることになります。そのような状況の中、明治9年(1876)、明治天皇東北巡幸に際し瑞巌寺が行在所となり、内帑金1,000円が下賜されて復興の契機となりました。

安土桃山美術を現在に伝える貴重な建築物であることから、昭和28年(1953)に本堂と御成玄関が、昭和34年(1959)に庫裡と本堂をつなぐ廊下が国宝に指定されています。
平成30年(2018)には9年に及んだ「平成の大修理」が完了し、政宗公が心血を注いで完成させた創建当初の姿が現在に甦りました。

略年表(※敬称略)

和暦 西暦 事項
大同年中 807~809 坂上田村麻呂、堂宇を建立し、多聞天像を安置する(『政宗君治家記録引証記』、『松島諸勝記』、※『奥羽観蹟聞老志』では大同2年(807))
天長5年 828 慈覚大師円仁、天台宗延福寺を開創し、多聞堂に五大明王像を安置する(『天台由緒記』)
長治元年 1104 見仏上人、雄島の妙覚庵に住する(『天台由緒記』)
正治2年 1200 この頃、北条政子、見仏上人に舎利を寄進し、亡夫源頼朝の菩提を弔わせる(『舎利寄進状』)
宝治2年 1248 北条時頼、法身性西と出会う(『天台由緒記』)
正元元年 1259 この頃、法身、臨済宗円福寺(建長寺派)を開創する(『天台由緒記』)
徳治2年 1307 雄島に頼賢碑建つ(「頼賢碑碑文」)
嘉暦元年 1326 円福寺10世明極、雲版を鋳造する(「雲版刻銘」)
天正6年 1578 この頃、円福寺、建長寺派から妙心寺派となる(『留守政景所役免除状』)
慶長9年 1604 伊達政宗、五大堂を造営する(6月10日~12月15日)(『伊達治家記録』)8月15日 伊達政宗、円福寺造営のための縄張りを行う(『伊達治家記録』)
慶長13年 1608 梵鐘を鋳造、寺名を円福寺から瑞巌寺へと改称する(「梵鐘銘文」)
慶長14年 1609 3月26日 瑞巌寺本堂上棟式(『伊達治家記録』)
元和6年 1620 障壁画制作着手、同8年(1622)完成(「上堂」額)
寛永13年 1636 5月24日 伊達政宗没(『伊達治家記録』)
慶安5年 1652 2月24日 政宗17回忌、本堂に木造甲冑倚像安置される(『伊達治家記録』)
元禄2年 1689 5月11日 松尾芭蕉、瑞巌寺に詣でる(『おくのほそ道』)
享保16年 1731 五大堂、500年ぶりに開帳される(『松島夜話』)
明治2年 1869 この頃、伊達家、版籍を奉還し、瑞巌寺離禄される。廃仏毀釈
明治9年 1876 6月27日 明治天皇東北巡幸に際し、行在所となる。内帑金1,000円下賜(「瑞巌円福禅寺碑碑文」)
明治33年 1900 明治の大修理着手、同36年(1903)完了
昭和25年 1950 8月29日 五大堂、国重要文化財に指定される
昭和27年 1952 8月13日 瑞巌寺本堂、博物館に登録される
昭和28年 1953 3月31日 瑞巌寺本堂(附属御成玄関)、国宝に指定される
昭和30年 1955 2月2日 雲版、国重要文化財に指定される
昭和34年 1959 6月27日 瑞巌寺庫裡及び廊下、国宝に指定される
昭和55年 1980 6月6日 本堂障壁画161面、国重要文化財に指定される
昭和60年 1985 本堂障壁画修理事業並びに本堂障壁画復元作業始まる、平成7年(1995)完了
平成7年 1995 6月15日 五大明王像、国重要文化財に指定される
平成20年 2008 11月 平成の大修理始まる
平成23年 2011 3月11日 東日本大震災
平成24年 2012 7月9日 田村氏霊屋・寶華殿、国重要文化財に指定される
平成28年 2016 4月5日 本堂拝観再開
平成30年 2018 3月31日 平成の大修理完了、同年6月24日、落慶法要挙行