宝物館(青龍殿)

青龍殿は千年を越す歴史、奥州随一の禅寺と目される寺格と規模を誇る瑞巌寺の什宝物を保管展示する目的で、平成7年10月1日にオープンしました。
主な収蔵品は、10年の継続事業で修理された、国重要文化財指定本堂障壁画、伊達家歴代藩主画像、書跡、茶碗、歴代住職頂相、墨跡、日本三景の一松島に関する絵画や書、及び発掘調査で出土した中世円福寺関係資料など、約3万点です。
青龍殿では上記の資料を常設と特別展示室とで、季節・テーマにより展示致します。

平面図

宝物館平面図

木像コーナー

  • 伊達政宗甲胄倚像<宮城県文化財指定>
  • 天麟院五郎八姫木像

フィルム・レプリカコーナー

県文指定「仏涅槃図」「釈迦説法図」をカラーフィルムで再現、国重文「頼賢碑」をレプリカで展示しております。

常設コーナー

千余年の歴史を彩る資料-鎌倉時代円福寺開山法身・2代大覚像など、及び伊達家歴代藩主画像、茶碗などを展示します。

出土品コーナー

当館敷地から、発掘調査によって出土した、中世円福寺の瓦・青磁・笹塔婆・井戸・板碑などを展示しております。

特別展示コーナー

禅文化所産の墨跡(ぼくせき)と大宮司雅之輔(まさのすけ)翁コレクションを、テーマにより展示します。

上段の間・上々段の間 特設コーナー

本堂の「上段の間・上々段の間」を宝物館内に再現し、オリジナルの障壁画(国指定重要文化財)を設置しています。文化財保護の為、期間限定で公開します。

上段の間

上々段の間

主な収蔵品

主な収蔵品一覧

 

ページの先頭へ