催し物

「国宝 庫裡」「陽徳院(愛姫)御霊屋」特別公開

本堂修理期間中は、国宝庫裡及び陽徳院(政宗公正室愛姫)御霊屋を公開いたします。本堂・中門・御成門は大修理により非公開となります。

庫裡(庫裏)

禅宗寺院の台所。正面13.78m、奥行23.64m。大屋根の上にさらに煙出しが載っている。本来実用本位の建物に唐草や花肘木の彫刻が施されたことに、政宗公の美意識が窺える。昭和34年国宝指定。

庫裡(庫裏)

陽徳院御霊屋(寶華殿)

陽徳院の背後の高台にある伊達政宗公の正室陽徳院田村氏愛姫(1568~1653)の墓堂で、万治3年(1660)孫の綱宗によって造営された。平成18年から3年をかけ創建当初の豪華絢爛な姿に復元。 外面全てが黒漆で塗られ、桟唐戸や蟇股は金や極彩色に彩られ、失われていた飾金具も復元荘厳された。
扁額は、瑞巌寺109世大巓通喆の筆。

宝形造、銅板葺、9尺(2.72m)四方の周囲に勾欄(手すり)つきの回廊を廻らし、正面に向拝と木階を備える。内部は三方板壁で金箔を貼り、天井等は極彩色の花が描かれ、須弥壇に念持仏と政宗・愛姫夫妻の位牌が安置されている。

平成24年7月9日国指定有形文化財

■一般に対する扉を開けての内部公開は行っておりません。また修行道場は全面非公開です。

陽徳院像
陽徳院像

伊達政宗公の正室田村氏愛姫(1568~1653)の落飾後の姿で、眉目秀麗・才色兼備と称讃された夫人の面影をよく表している。慶安3年(1650)生前に制作された寿像。[青龍殿蔵]

大書院

平成の大修理期間中、本来は本堂に安置している御本尊、藩祖政宗公・2代忠宗公の大位牌、三代開山木像が大書院で特別に公開されます。

政宗公位牌

 

瑞巌寺御本尊聖観世音菩薩

 

忠宗公位牌

三代開山木像(左から)洞水禅師、法身禅師、雲居禅師

 

ページの先頭へ